>  > 「複数種類あり」 コンプレツサ [一式] ■ 『図の略番 73111 のみ』 スバル純正部品 エクシーガ 適合年式[平成20年04月~next]『品番』 73111FG002 ^j87^
[Clazzio] クラッツィオ ジャッカ シートカバー プレサージュ TU31 / TNU31 / PU31 H18/6~H19/5 8人乗 [XE / XG / XL / ハイウェイスター / ハイウェイスターJ] ※代引不可 ※沖縄・北海道・離島は送料3564円(税込)
<< トンツー談義⑮ 終戦直後の海上通信を語る -練習船も復員輸送に活躍- | main | トンツー談義⑰ 在りし日の国鉄連絡船の無線Ⅰ-固定無線と宇高航路- >>
トンツー談義⑯ トンツーからテレタイプへ-船舶通信自動化の難しさ-
  昭和30年代に入ると通信士の手による流麗なモールス通信も時代の波に乗って機械化が試みられ、すでに陸上の固定系では、カナ文字を紙テープに鑽孔して送信部に掛けるテレタイプ自動送信に成功 【20 ヴェルファイア アクティブモータリングスタイル】ヴェルファイア V/X ハイブリッド MC後 LUXEST フロントハーフスポイラー 未塗装品、船舶などへの移動体の通信形態にも改良の波が押し寄せたが、その頃の経緯を、当時、光電製作所営業課長の京田耕造さんの記事から掲載します。

 お話は昭和34年頃にタイムスリップ戴く懐古談です。戦後の日本海運界の主力は、お豆腐を包丁で切ったような改Aや改E型戦時標準船の残存でしたが 、海上輸送の回復で新しい船腹と設計の進化が要求され、船会社は国の指針と支援の「計画造船」で所有船を増強しました。船主や造船所は日夜新型船の設計に明け暮れし、日本船の市場での優位性は抜群に上昇し 255/35R19 サマータイヤ タイヤホイールセット 【送料無料】ESTATUS Style-ST65 19x9.0 +42 114.3x5 GMP + HIFLY HF805 (255/35-19 255-35-19 255 35 19) ハイフライ 夏タイヤ 19インチ 4本セット 新品、同時に世界各国の商船隊に対抗しての運航が必要となり、併せて当時の海上労働力の不足を補い造船技術の向上のために、船舶の自動化と省エネ化について研究と実用化が強く求められました。通称Mゼロと呼ばれる無人化計画で 【送料無料】 165/60R15 15インチ ENKEI エンケイ allシリーズ オールワン 5J 5.00-15 YOKOHAMA ヨコハマ DNA Earth-1 サマータイヤ ホイール4本セット【YOsum18】、各分野の研究は大別すると次のようなものでした。

1 機関室機器の自動制御と遠隔集中制御 2 航海・操船機器の集中制御と自動化 
3 荷役設備の合理化 4 船舶通信の自動化 

 船内部門の合理化と自動化は必然的に職場の人員整理にも繋がり、全日本海員組合や船舶通信士協会などの労働団体と船主協会との労使交渉が熾烈に行われたのもその頃でした。34年には15次計画造船に入り既に1・3項は具体化されて2・4項が研究中でした。 私どもの船舶通信は無線であるが故に、電波の性質上から機器の自動化のみでは達成できなく電波伝搬の特性や法令上の制約も受け、当時の陸上通信網を含めた通信方式の改訂にも及び、早期の完全自動化は困難で次の点に集中して作業が纏められました。

1 遭難・緊急通信の自動聴守、警報及び記録の自動送受信 2 自船のコールサインの機械聴守
3 特定の専用通信の自動送受信と高速化 4 FAX受信の活用と高速化等で、当面は受信操作の自動化が主になったが、航行中の船舶は陸上から提供の情報受信量が少なくなかったのであろう。

 時代の流れと言おうか、光電製作所ではマリン部門のほかに電子計算機を開発するグループがあり、符号変換を得意とする技術を利用してテレタイプの符号単位の自動変換などを研究していて、モールステレタイプコンバーターなるものを開発中でした。当初は [CUSCO] クスコ LSD タイプMZ 2way(1.5&2way) フロント カレン ST206 1994年01月~1998年09月 3S-GE/3S-FE 2.0 FF MT 標準デフ:ビスカス、手動のモールス符号を受信するというのでHMC(ハンドモールスコンバータ)、後にMTC(モールステレタイプコンバータ)と名付けられました。この機器が完成すれば前述の要望のほとんどが実行可能となり船舶通信自動化の一翼を担えるものと張切っていました。大きな特徴としては、

1あらかじめセットした特定信号(例えばSOSとか警急信号など)の後に続く通信文を自動受信する。
2 短波の一括呼び出し等は放送時間をセットしておけば自動受信し、自船のコールサインを選択させる。
3 定時発信の気象・新聞電報の放送形式文を記録する。
4 自己同期方式を採用して通信速度の変化にも同期させ、陸船間のモールスとテレタイプ回線の結合を可能とする。等で、開発中の実験には無線通信士有資格者が懸命にテストの電鍵操作をしていました。

 MTCの試作実験機は、40年9月25日に郵政省・海上保安庁・電電公社・船主協会の方々など約30余名が立合って、

、銚子無線局でおこなわれ、相手局の長崎無線局との間で短波8メガ帯での固定通信系の機械送受信について正確に動作することが確認されました。残された問題は手送りでのモールス信号を正しく判別して受信できるかに絞られましたが、通信士の手送りのトンツー信号は、崇高さを感じさせる芸術品で、とても自動化は難しいものでした。
 後日、練習船に装備して実用化テストをしましたが、移動通信では電波の伝搬状態に大きく左右される問題は解決できなく、一方、コストバランスも採れなく実用化への進捗はありませんでした。やがて新聞や天気図の送信もFAXになり、衛星通信の登場で世界のどこでも船舶との電話通話が可能になり、モールス通信は一部の漁船通信とアマチュア無線等に残るのみになりました。   (写真は鵠沼メル友会飯塚貞美氏提供 TEIN 車高調 ≪FLEX Z フレックスゼット≫ 【アルファードハイブリッド [ATH10W] 2003.07-2008.05 4WD2400 [BASE MODEL, G-EDITION]】(※沖縄/離島は送料別) 送料無料! スタッドレスタイヤ ホイール 新品 4本セット 205/55R17 17インチ (205-55-17) ハンコック ウィンター i cept iZ2A エアベルグ ゼノン バランス調整済み! パーツ、

「複数種類あり」 コンプレツサ [一式] ■ 『図の略番 73111 のみ』 スバル純正部品 エクシーガ 適合年式[平成20年04月~next]『品番』 73111FG002 ^j87^

、文・京田記)

| トンツー談義 | 2008.02.15 Friday | comments(0) | - |
コメント
コメントする
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-59257