>  > ハイペリオン FLEET II 8.5J&9.5J-20 とBRIDGESTONE POTENZA S001 255/35&285/30R20の4本セット
【★送料無料】 【プラド 90 トムス】TV & NAVIジャンパー ランドクルーザープラド #ZJ95 H11.8~H14.5 全グレード シルクロード 汎用 直巻きスプリング 2本セット 内径ID:63mm 自由長:200mm バネレート:16.0kgf/mm  プロフ  フレンド 

ハイペリオン FLEET II 8.5J&9.5J-20 とBRIDGESTONE POTENZA S001 255/35&285/30R20の4本セット

ハイペリオン § FLEET RV504 II 8.5J&9.5J-20 とBRIDGESTONE POTENZA S001 255/35&285/30R20の4本セット

<<   作成日時 : 2015/02/07 09:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 前回に引き続き「監査上の重要性」について考えていく。今回は、重要な虚偽表示のリスクへの対応、監査実施上の重要性に基づいて設定される「許容可能な虚偽表示」(監基報では「許容可能虚偽表示額」という。)および「許容金額」(監基報では「許容できる(差異の金額)」という。)についての私見を述べていきたい。

重要な虚偽表示のリスクへの対応
 重要な虚偽表示のリスク(risks of material misstatements: RMM)は、個別でまたは他の虚偽表示と合計して重要と判断される虚偽表示(重要な虚偽表示)が財務諸表に実際に存在する可能性(リスク)であり、その識別・評価は、財務諸表全体レベルとアサーション・レベルで行われる。
 財務諸表全体レベルでの重要な虚偽表示のリスクの識別・評価は、財務諸表に重要な虚偽表示が存在すると予想されるかどうか、その可能性を否定できない場合には具体的にどの取引種類、勘定残高または開示に関連する可能性があるか、どれほどの大きさと発生可能性のある虚偽表示であるかを予想することである。この財務諸表全体レベルで識別された重要な虚偽表示への対応(全般的対応)は、監査リスクを低い水準に抑えるための監査実施方法を策定することであり、監査戦略(監査の基本方針)を策定することである。
 アサーション・レベルでの重要な虚偽表示のリスクの識別・評価は、財務諸表全体レベルでの識別・評価を基礎に、特定の取引種類、勘定残高または開示に関連するアサーションごとに存在するかもしれない虚偽表示の大きさおよび発生可能性を予測することである。このアサーション・レベルの重要な虚偽表示のリスクが、監査リスク・モデル式における重要な虚偽表示のリスク(固有リスクと統制リスクの結合リスク)である。識別・評価されたアサーション・レベルの重要な虚偽表示に的確に対応して重要な虚偽表示を看過しないために、十分かつ適切な監査証拠を入手できるように適切なリスク対応手続を立案する。
 監査人が立案しなければならないリスク対応手続は、監査リスク(AR)の程度を一定とした場合、重要な虚偽表示のリスク(RMM)の程度が高まると発見リスク(DR)の程度を低くするという関係に基づいて、取引種類、勘定残高または開示に関連するアサーションに存在すると予想した虚偽表示の内容、発生要因や程度を勘案して、当該虚偽表示を的確に発見できるとともに信頼性(証明力)の高い監査証拠を入手できる監査手続でなければならない。換言すると、重要な虚偽表示のリスクに直接対応するリスク対応手続を立案、実施しなければならないのである。
 そして、存在すると予想した虚偽表示が大きいほど M'z SPEED フロントバンパーガーニッシュ 2色塗装済品 ハリアー ハリアーハイブリッド ASU60W ASU65W AVU65W ZSU60W ZSU65W 17/6~ ※北海道は送料4860円、沖縄・離島は要確認 ※個人宅は送料+3240円、発生可能性の程度が高いほど、監査実施上の重要性よりもさらに小さな重要性に基づいて監査手続を詳細に実施するために監査範囲(サンプル数)を拡大するとともにその虚偽表示を適切なタイミングで発見できるように監査手続の実施時期を決定しなければならない。
 このようにリスク対応手続としての実施する監査手続 ヨコハマアイスガード6 ig60 165/60R14 スタッドレス タイヤ・ホイール 新品 4本セット ユーロスピード G810 パーツ バランス調整済み!、その実施時期と範囲の決定に重要性が関連するのは主として監査範囲の決定である。実施するリスク対応手続とその実施時期はリスクの内容や発生要因に基づいた監査人の判断による決定である。

許容可能な虚偽表示
 許容可能な虚偽表示(tolerable misstatements)は、PCAOB監査基準11号のように監査実施上の重要性(performance materiality)(監基報では「手続実施上の重要性」という。)と同義の概念として用いられていることもあるが、本ブログでは テイン ストリートベイシスZ 車高調 ラパン HE21S GSU44-81AS2 取付セット アライメント込 TEIN STREET BASIS Z ストリートベーシス 車高調整キット サスペンションキット ローダウン コイルオーバー【店頭受取対応商品】、統計理論に裏付けられた監査サンプリング(統計的試査)を適用してサンプル数の決定と、サンプルに対して実施した監査手続の結果を監査人が受容できるかどうかを判断するために利用する重要性に限定する。
 許容可能な虚偽表示は、監査サンプリングによって監査手続を実施する際のサンプル数を決定するおよび実施結果の評価の要素の一つであるが、サンプル数を多く決定させるまたは結果の評価に際して推定した虚偽表示(projected misstatements)を大きく算出させることによってサンプリング・リスク(過誤採択リスク)の発生を防止するためのアローワンス(余裕)を確保するために監査実施上の重要性よりもさらに小さな重要性とする。
 では、許容可能な虚偽表示はどこまで小さくしなければならないのであろうか。監査サンプリングの対応である母集団が財務諸表に比して相当に小さな金額であるため ★送料無料★(一部離島等除く) 【ブレンボ】ブレーキパッド MITSUBISHI プラウディア [ S32A S33A S43A ][ 99/4~01/05 ][ REAR ] 【 レッド 】、当該母集団にとって重要と判断される虚偽表示は財務諸表に存在するかもしれない重要な虚偽表示よりも相当に小さなものになることは容易に理解できる、しかし、監査の基準では具体的な規定はなく、監査人の判断によって決定することが求められている。多くの監査事務所は監査マニュアルなどにおいてファーム・ポリシーとして決定している。その多くは、監査上の重要性の50%から75%程度の範囲のようである(監査実施上の重要性を複数設定することを求めている監査事務所では、監査実施上の重要性を基礎にしていることがある)。いずれにしても、監査上の重要性>監査実施上の重要性>許容可能な虚偽表示となる。
 監査サンプリングを適用して実施した監査結果に基づいて母集団に存在するかもしれない推定した虚偽表示が許容可能な虚偽表示を超えていないときは 、その結果を受容できる。このときには、推定した虚偽表示は監査意見の形成に際して何ら影響を及ぼさない。反対に、推定した虚偽表示が許容可能な虚偽表示を超えているときは、その結果を受容できないため、サンプルの追加、代替手続または補充手続の実施結果を勘案して再度算定した推定した虚偽表示が(改定された)許容できる虚偽表示を超えているかどうかを判定する。それによっても、

、最終的に推定した虚偽表示が許容できる虚偽表示を超えているときは、推定した虚偽表示(厳密にはサンプルに関して識別した事実としての虚偽表示(factual misstatements)の控除後)が虚偽表示の兆候であるため未修正の虚偽表示として集計する。

許容金額
 許容金額(threshold)は、期待値を利用した分析的実証手続(合理性テスト)を実施した結果を監査人が受容できるかどうかを判断するために利用する重要性である。許容金額の算定には、実施する分析的実証手続の精度 【店舗塗装サービス】【D:5 デリカ ジャオス】デリカ D:5 07.01- (ローデスト除く) JAOS サイドステップ、関連する発見リスクの程度と監査実施上の重要性が関連する。発見リスクの程度が低い(関連する重要な虚偽表示のリスクが高い)ほど、対象とする会計記録の金額が小さいほど、虚金額を小さくする。手続の精度が悪いときにはさらに許容金額を小さくする必要がある。換言すると、許容金額を小さくすることは入手する監査証拠の信頼性(証明力)を高めることである。
 具体的には次のように算定することが考えられる。分析的実証手続の対象である会計記録が大きく、関連する重要な虚偽表示のリスクの程度が高くなく(特別検討を必要とするリスクを識別していない)、関連する運用評価手続の結果に問題がない場合、監査実施上の重要性の80%から90%とし、運用評価手続を実施していないときには40%から45%とする。小さな会計記録を対象とするときには、それぞれ25%程度または10%から15%程度とする。さらに、特別検討を必要とするリスクとして識別している場合には、前述の割合の半分から三分の一程度まで許容金額を小さくしたうえで、詳細テストを組み合わせて実施する。
 期待値と会計記録との間の差異が許容金額を超えていないときはその結果を受容できる。許容金額を超えた重要な差異のときには、実証手続などによって当該差異が虚偽表示の兆候ではないことを確かめる。しかし、追加手続の実施によって当該差異が虚偽表示の兆候ではないことが確かめられなかったときは、未修正の虚偽表示として集計する。
 許容可能な虚偽表示と許容金額は、このように具体的な監査手続の実施に際して用いられる重要性であるため、監査実施上の重要性よりも小さな金額として監査人の判断によって算定する。具体的には、関連する重要な虚偽表示のリスクの程度や影響範囲などを勘案して監査実施上の重要性に一定比率を乗じて算定することがある。

監査における重要性
 これまで監査における重要性として、監査における監査人の判断の分水嶺となる監査上の重要性(計画上の重要性)、監査の実施に際しての戦略(基本方針)の方向付けとなる監査実施上の重要性、および監査手続を実施する際の重要としての許容可能な虚偽表示と許容金額について検討してきた。
 監査における重要性はこれだけでなく、監査の終了段階での発見した虚偽表示の評価に指しての重要性(質的重要性を含む)、虚偽表示の集計に含めないことが許容されている「明らかに僅少な」(“clearly trivial”)虚偽表示もある。
 このように多くの重要性またはそれに関連する概念があるが、

ハイペリオン FLEET II 8.5J&9.5J-20 とBRIDGESTONE POTENZA S001 255/35&285/30R20の4本セット

、これらの位置付けないし役割をきちんと整理して理解することが必要である。

テーマ

関連テーマ 一覧【90 クレスタ ティーアンドイー】CRESTA JZX/GX90/91/93 VERTEX F/S/R 後期3点KIT


<< 前記事(2015/02/03) ブログのトップへ 後記事(2015/02/14) >>

月別リンク

トラックバック(0件)
タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用)
タイトル
本 文

コメント(0件)
内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
本 文
<< 前記事(2015/02/03) ブログのトップへ 後記事(2015/02/14) >>
監査上の重要性について考える(その3) 閑居での独白/BIGLOBEウェブリブログ

FLEET II ハイペリオン ハイペリオン とBRIDGESTONE S001 8.5J&9.5J-20 POTENZA FLEET 255/35&285/30R20の4本セット

文字サイズ: 大  中  小  閉じる {yahoojp} {soliloquy-audit.at.webry.info}

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-39290