>  > ★送料無料★(一部離島等除く) EJ20 EJ15 EJ18 EJ16 スプリング【アールエスアール】サスペンション インプレッサワゴン GG2 1500 NA [17/6~] Ti2000 DOWN - 1台分

★送料無料★(一部離島等除く) EJ20 EJ15 EJ18 EJ16 スプリング【アールエスアール】サスペンション インプレッサワゴン GG2 1500 NA [17/6~] Ti2000 DOWN - 1台分

プロジェクトμ タイプPS リア左右セット ブレーキパッド CT200h ZWA10 R189 取付セット プロジェクトミュー プロミュー プロμ TYPE PS ブレーキパット【店頭受取対応商品】
Japanese CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L747 (クラブリネア L747) 20インチ 11.5J PCD:127 穴数:5 inset:32 DISK TYPE:LOW カラー:シルバーポリッシュ [ホイール1本単位]/H

★送料無料★(一部離島等除く) EJ20 EJ15 EJ18 EJ16 スプリング【アールエスアール】サスペンション インプレッサワゴン MX GG2 1500 NA [17/6~] Ti2000 DOWN KSP - 1台分

教員紹介

教授
SUGANAMI Takayoshi
助教
TANAKA Miyako
助教
ITO Ayaka
特任助教
OTA Hiroya
ラボメンバー

研究内容

分子代謝医学分野は、平成27年7月1日に名古屋大学環境医学研究所(ストレス受容・応答研究部門)に発足した新しい研究室です。基礎研究と臨床研究を繋ぐ立ち位置で、生活習慣病の病態解明や新しい治療法の開発に貢献したいと考えています。

ライフスタイルの欧米化に伴って、我が国においても肥満が増加し、メタボリックシンドロームや様々な生活習慣病の誘因となっています。生活習慣病は遺伝素因と環境因子の相互作用により発症する代表的な多因子疾患ですが、我々を取り巻く環境の変化と生体のストレス応答が大きく関わっています。このメカニズムを明らかにするためには、1つの分子や1つの細胞に注目するだけでなく、

、各臓器を構成する多彩な細胞の相互作用や神経系、内分泌代謝系、免疫系を介する複雑な臓器間ネットワークを理解する必要があります。このような、細胞内、細胞間、臓器間の各階層におけるメカニズムが複雑に絡み合って形成される生活習慣病を解くキーワードとして、私たちは「慢性炎症」に注目しています。また、様々な環境変化の中で、私たちは、特に「栄養」に興味を持っています。即ち、過栄養や栄養飢餓といった栄養の“量”の変化に加えて、動物性の飽和脂肪酸や魚油に多く含まれるω-3多価不飽和脂肪酸、アミノ酸などの栄養の“質”の変化が、どのようにして“慢性炎症”に繋がるのかを明らかにしたいと考えています。

分子代謝医学分野では、医学部、農学部 ESPELIR (エスペリア) Downsus Rubber (ダウンサスラバー) リア用 品番:BR-2794R スバル シフォン 型式:LA610F 年式:H28/12~ エンジン型式:KF-VE4 4WD、薬学部など多彩なバックグラウンドを有するメンバーが集まり、各々の特長を活かして自由闊達に切磋琢磨することを重視しています。このような背景を踏まえて、最近、「医工連携」による生活習慣病に対する新しい治療戦略の開発にも取り組んでいます。臨床応用に繋がる“夢”のある基礎医学研究に興味のある方は ANYS INTERNATIONAL PEUGEOT 508 イージーリップ ブルー 【★送料無料】 【エイエフイー・パワー】aFe POWER エアインテークシステム 【 DRY FILTER 】 Audi (アウディ) A6- 02-04 V6-3.0L、是非ご参加下さい。

図1 脂肪組織を起点とする慢性炎症の波及、拡大と生活習慣病
図2 細胞死を起点とする代謝性組織リモデリングと生活習慣病

研究業績

  1. T. Goto, M. Itoh, T. Suganami, S. Kanai, I. Shirakawa, T. Sakai, M. Asakawa,T. Yoneyama, T. Kai, Y. Ogawa. Obeticholic acid protects against hepatocyte death and liver fibrosis in a murine model of nonalcoholic steatohepatitis. Sci. Rep. in press, 2018.
  2. A. Matsumoto, M. Tanaka, H. Matsumoto, K. Ochi, Y. Moro-oka, H. Kuwata, H. Yamada, I. Shirakawa, T. Miyazawa, H. Ishii, K. Kataoka, Y. Ogawa, Y. Miyahara, T. Suganami. Synthetic “smart-gel” provides glucose-responsive insulin delivery in diabetic mice. Sci. Adv. 3: eaaq0723, 2017. (cover picture of the issue)
  3. M. Itoh, T. Suganami, H. Kato, S. Kanai, I. Shirakawa, T. Sakai, T. Goto, M. Asakawa, I. Hidaka, H. Sakugawa, K. Ohnishi, Y. Komohara, K. Asano, I. Sakaida, M. Tanaka, Y. Ogawa. CD11c-positive resident macrophages drive hepatocyte death-triggered liver fibrosis in a murine model of non-alcoholic steatohepatitis. JCI Insight 2: e92902, 2017.
  4. R. Hachiya, T. Shiihashi, I. Shirakawa, Y. Iwasaki, Y. Matsumura, Y. Oishi, Y. Nakayama, Y. Miyamoto, I. Manabe, K. Ochi, M. Tanaka, N. Goda, J. Sakai, T. Suganami, Y. Ogawa. The H3K9 methyltransferase Setdb1 regulates TLR4-mediated inflammatory responses in macrophages. Sci. Rep. 6: 28845, 2016.
  5. T. Ehara, Y. Kamei, X. Yuan, M. Takahashi, S. Kanai, K. Tsujimoto, T. Tamiya, Y. Nakagawa, H. Shimano, T. Takai-Igarashi, I. Hatada, T. Suganami, K. Hashimoto, Y. Ogawa. Ligand-activated PPARα-dependent DNA demethylation regulates the fatty acid β-oxidation genes in the postnatal liver. Diabetes 64: 775-784, 2015.
  6. M. Tanaka, K. Ikeda, T. Suganami, C. Komiya, K. Ochi, I. Shirakawa, M. Hamaguchi, S. Nishimura, I. Manabe, T. Matsuda, K. Kimura, H. Inoue, Y. Inagaki, S. Aoe, S. Yamasaki, Y. Ogawa. Macrophage-inducible C-type lectin underlies obesity-induced adipose tissue fibrosis. Nat. Commun. 5: 4982, 2014.
  7. Y. Iwasaki, T. Suganami, R. Hachiya, I. Shirakawa, M. Kim-Saijo, M. Tanaka, M. Hamaguchi, T. Takai-Igarashi, M. Nakai, Y. Miyamoto, Y. Ogawa. Activating transcription factor 4 links metabolic stress to interleukin-6 expression in macrophages. Diabetes 63: 152-161, 2014. (highlighted in commentary)
  8. M. Itoh, H. Kato, T. Suganami, K. Konuma, Y. Marumoto, S. Terai, H. Sakugawa, S. Kanai, M. Hamaguchi, T. Fukaishi, S. Aoe, K. Akiyoshi, Y. Komohara, M. Takeya, I. Sakaida, Y. Ogawa. Hepatic crown-like structure: a unique histological feature in non-alcoholic steatohepatitis in mice and humans. PLoS ONE 8: e82163, 2013.
  9. T. Ehara, Y. Kamei, M. Takahashi, X. Yuan, S. Kanai, E. Tamura, M. Tanaka, T. Yamazaki, S. Miura, O. Ezaki, T. Suganami, M. Okano, Y. Ogawa. Role of DNA methylation in the regulation of lipogenic glycerol-3-phosphate acyltransferase 1 gene expression in the mouse neonatal liver. Diabetes 61: 2442-2450, 2012.
  10. N. Satoh-Asahara, A. Shimatsu, Y. Sasaki, H. Nakaoka, A. Himeno, M. Tochiya, S. Kono, T. Takaya, K. Ono, H. Wada, T. Suganami, K. Hasegawa, Y. Ogawa. Highly purified eicosapentaenoic acid increases interleukin-10 levels of peripheral blood monocytes in obese patients with dyslipidemia. Diabetes Care 35: 2631-2639, 2012.
  11. M. Ichioka, T. Suganami, N. Tsuda, I. Shirakawa, Y. Hirata, N. Satoh-Asahara, Y. Shimoda, M. Tanaka, M. Kim-Saijo, Y. Miyamoto, Y. Kamei, M. Sata, Y. Ogawa. Increased expression of macrophage-inducible C-type lectin in adipose tissue of obese mice and humans. Diabetes 60: 819-826, 2011.
  12. M. Tanaka, T. Suganami, M. Kim-Saijo, C. Toda, M. Tsuiji, K. Ochi, Y. Kamei, Y. Minokoshi, Y. Ogawa. Role of central leptin signaling in the starvation-induced alteration of B cell development. J. Neurosci. 31: 8373-8380, 2011.
著書・総説
  1. M. Tanaka, M. Itoh, Y. Ogawa, T. Suganami. Molecular mechanism of obesity-induced “metabolic” tissue remodeling. J. Diabetes Investig. 9: 256-261, 2018.
  2. 菅波孝祥、伊藤美智子、田中 都 [Projectμ] プロジェクトμ ブレーキパッド ユーロエコ リア用 メルセデスベンツ Cクラス (S204 ワゴン) C180 204249 11/10~ 本州は送料無料 北海道は送料500円(税別) 沖縄・離島は送料1000円(税別)、小川佳宏.  「NASH動物モデル」 肝胆膵 特大号「NASH/NAFLDの新知見」 アークメディア 76:546-551, 2017.
  3. 菅波孝祥 、田中 都、伊藤美智子 スタンダードタイプ HONDA ホンダフィットシャトル/フィットシャトルハイブリッド GG系/GP系 23/6~27/5全国どこでも送料無料 フロアマット カーマット内装パーツ カー用品 抗菌 消臭 快適マット MKショップ、小川佳宏. 「メタボリックシンドロームと細胞死」 実験医学(増刊号) 「細胞死」 羊土社 34:135-141, 2016.
  4. 菅波孝祥、小川佳宏. 「肥満・メタボリックシンドローム」 実験医学(増刊号) 「先制医療へ向かう医学研究」 羊土社 33:58-64, 2015.
  5. 菅波孝祥、小川佳宏(企画). 細胞工学「臓器代謝ネットワーク 〜分子機構、

    ★送料無料★(一部離島等除く) EJ20 EJ15 EJ18 EJ16 スプリング【アールエスアール】サスペンション インプレッサワゴン GG2 1500 NA [17/6~] Ti2000 DOWN - 1台分

    、破綻病態から臨床的意義まで〜」 秀潤社, 2015.
{yahoojp} {riem.nagoya-u.ac.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-16666