>  > ★色番号塗装発送ルーフスポイラー / ハッチスポイラー【ギブソン】【1・2・3・4型・ハイエース200系ワイドミドル】GIBSONリアルーフスポイラー [8P4]ダークブルーマイカメタリック
NV200用 ボルスターアッセンブリーフロントサイドRHNV200バネット 74650-3LE0A 日産純正部品

GA info. 印刷表現を追求するクリエイターのために by Graphic Arts Center, Toppan

TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

  • ホーム 
  • フロント用 ブレーキパッド 日産 ジューク NF15用 ピットワーク AY040-NS173 PITWORK pad 交換 ブレーキ ディスクパッド ブレーキ 整備 車用 AY040-NS173 相当 ディスクブレーキパッド
  • プリンターズリソース 
  • 14-3
  • ★色番号塗装発送ルーフスポイラー / ハッチスポイラー【ギブソン】【1・2・3・4型・ハイエース200系ワイドミドル】GIBSONリアルーフスポイラー [8P4]ダークブルーマイカメタリック

    ★色番号塗装発送ルーフスポイラー XJR400R/2 / ハッチスポイラー【ギブソン】【1・2・3・4型・ハイエース200系ワイドミドル】GIBSONリアルーフスポイラー GUARD [8P4]ダークブルーマイカメタリック

    / ★色番号塗装発送ルーフスポイラー ★色番号塗装発送ルーフスポイラー ハッチスポイラー【ギブソン】【1・2・3・4型・ハイエース200系ワイドミドル】GIBSONリアルーフスポイラー [8P4]ダークブルーマイカメタリック ハッチスポイラー【ギブソン】【1・2・3・4型・ハイエース200系ワイドミドル】GIBSONリアルーフスポイラー

     トリプルトーンは調子が異なる3版を使用することで、モノクロ写真をもっとも階調豊かに表現できる手法です。基本的には、スミ版で原稿の基調を表現し、特色版でライト部の調子と中間部のボリューム、シメ版(骨版)でシャドウ部の強さとディテールを表現します。ダブルトーンでは表現しきれないようなボリューム感のある写真や、シャドウ部の調子が豊かな写真の表現に向いています。また、特色版の色味を調整することで、写真を様々な色調に仕上げることができます。

    一般的な仕様とその特徴

    • 製版方法
      スミ版を基調とし、ライト部の調子や写真のボリューム、全体の色味を出す特色版(グレーやセピアなど)と最シャドウ部の強さと調子を出すシメ版(スミや高濃度スミ)による設計が主流
    • インキ/紙の選び方
      スミ clazzio シートカバー クラッツィオネオタイプ 日産 NV350キャラバン 福祉車 アンシャンテ送迎マイクロバスGX 型式 E26 年式 H27/3- 定員 14人 ≪ 1列目と2列目カバー 5人分セット ≫※3列目/4列目/5列目は別売 ※バン/チェアキャブ不可、特色(グレーやセピアなど。原稿の色に合わせる)、特色(シメ版。高濃度スミなど)
    • 適した原稿の特徴
      ボリューム感があり、階調が豊かなもの
      ライト側だけではなくシャドウ側の調子も豊かなフルトーンの写真
    • 効果
      幅広い階調表現が可能で、特にシャドウ部のディテールを出しやすい

      / ★色番号塗装発送ルーフスポイラー ★色番号塗装発送ルーフスポイラー ハッチスポイラー【ギブソン】【1・2・3・4型・ハイエース200系ワイドミドル】GIBSONリアルーフスポイラー [8P4]ダークブルーマイカメタリック ハッチスポイラー【ギブソン】【1・2・3・4型・ハイエース200系ワイドミドル】GIBSONリアルーフスポイラー

      トリプルトーンを駆使し、プラチナ・プリント(※コラム参照)という特殊な焼付けの原稿を再現した事例として、写真家井津建郎氏の展覧会図録をピックアップ。担当のプリンティングディレクター十文字氏と都甲氏にその設計について伺った。

      この図録は、2001年に山梨県の清里フォトアートミュージアムで、井津建郎氏の写真展開催時に制作された。 1993年から2000年にかけて、井津氏がアジアの各地で撮影した石造遺跡の写真などの、プラチナ・プリントによる作品で構成されている。
       図録の制作にあたり、先方からの要望は、原稿である写真そのままの印刷表現。「今回のポイントは、プラチナ・プリントの再現。つまり、シャドウ部のディテールや全体の柔らかな階調を滑らかに出すこと、そしてプラチナ・プリントのマット感を再現することが重要でした」(十文字)。

      版設計とそのねらい

       プラチナ・プリントの豊かな階調を出すための、各版の設計とねらいは以下のようなものだった。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-13816