>  > THULE スーリー クライスラー PTクルーザー(PT系)用 ルーフキャリア取付3点セット 【フット754&バー7122&キット1203セット】

NCP34 bBオープンデッキ [H13.6~H15.3]極 ワンタッチHIDキット H4(Hi/Lo) 55W ヘッドライト用オールインワン ワンタッチ バラスト一体型 HID 簡単取付 フォグランプ バルブ 電球

  • 文字サイズ

HOME > お役立ち情報 > 消化器領域の治療指針とパス > 内視鏡を用いた胃瘻造設術 PEG

THULE スーリー クライスラー PTクルーザー(PT系)用 ルーフキャリア取付3点セット 【フット754&バー7122&キット1203セット】

THULE スーリー サマータイヤ クライスラー 165/65R15 PTクルーザー(PT系)用 ルーフキャリア取付3点セット 【フット754&バー7122&キット1203セット】

掲載記事は発行時(2005年)の内容です。

【フット754&バー7122&キット1203セット】 クライスラー PTクルーザー(PT系)用 ルーフキャリア取付3点セット スーリー THULE クライスラー スーリー

内視鏡を用いた胃瘻造設術 PEG

国際医療福祉大学附属病院 外科教授 鈴木 裕
聖マリアンナ医科大学病院救命救急センター 講師 川崎成郎

パス表のダウンロード(エクセル形式)

前処置と術後管理
1  治療前日まで

検査:対象例の多くは全身状態不良のため、感染症の有無や血液検査などを行い、十分な術前評価を必要とする。
   また、血液検査で肝機能、凝固機能を確認しておくとともに スタッドレスタイヤ コンチネンタル コンチバイキングコンタクト6 185/55R15 86T XL & スマック ラヴィーネ 5.5-15 タイヤホイール4本セット 185/55-15 CONTINENTAL ContiVikingContact 6、仰臥位の腹部単純X線によって横行結腸ガスが胃に重なっていないかの確認も必要である( cp[1])。

栄養:栄養の注入方法、栄養の種類・量を確認する( cp[2])。

薬:常用薬の確認。抗凝固薬 【国産メーカー4本価格】 TOYO(トーヨー) ナノエナジー3 プラス 205/50R15 当店オススメのタイヤを量販店では有り得ないリーズナブルな価格にてお届け!、抗血小板薬休止の確認( cp[3])。

ケア:口腔ケアのためのイソジン含嗽は BN Sports 14 マジェスタ Front Bumper Spoiler、誤嚥性肺炎や口腔疾患の予防に効果的である( cp[4])。

2  治療当日

栄養:朝から絶飲食(経鼻胃管からの栄養剤注入は前日まで)。経鼻胃管があれば、抜去しておく( cp[5])。

薬:全身麻酔の必要はなく 225/40R19 DUNLOP ダンロップ LE MANS 5 ルマン ファイブ LM5 Precious AST M1 プレシャス アスト M1 サマータイヤホイール4本セット、患者の意識レベルに応じた鎮静薬や鎮痛薬を投与する。術直前に胃の蠕動運動を抑制する鎮痙薬を投与する( cp[3])。

3  治療後~退院

処置:瘻孔は術後約1週間は毎日観察し [送料無料][メーカー取り寄せ]AutoExe (オートエグゼ)Premium Tail Muffer / プレミアムテールマフラー 品番:MBX8500 ※北海道・離島については送料別料金となります、消毒とガーゼ交換は必要ない( cp[7])。造設後1~2日で、造設チューブの固定位置を必要に応じて調節する。

清潔:シャワー・入浴は術後2日目を目安に開始する。瘻孔周囲の感染があっても問題ない( cp[8])。

栄養:術当日から術後3日目までは末梢点滴を行い、経管栄養は1日目から開始する。ただし 、

、全身状態が安定し、禁食が長かった例では薄い濃度の栄養剤から開始し、徐々に濃度を高くする。寝たきりの患者は上体を起こし、ゆっくり投与することが嘔吐や誤嚥を防止する上で重要である。栄養剤注入後は、チューブの洗浄のため白湯を注入しよく洗う( cp[9])。

薬:抗生物質の投与は術前と術後2日目まで行う。内服薬は術当日から投与する( cp[10])。

ケア:術当日から、退院へ向けた指導を行う。主に家族に対して在宅でも確実に経管栄養や胃瘻のケアを行えるように指導する( cp[11])。

4  退院後フォローアップ

造設後2~3週間で瘻孔が完全に形成され、チューブ交換が随時可能になる。チューブはそれぞれ特徴があるので、主として管理する側の都合を配慮して選択すべきである。

合併症

   合併症には、手技に関連したもの、留置チューブによるもの、経腸栄養剤によるものなどがある。
   プル法、プッシュ法を施行する際の感染合併症に対しては予防的な抗生物質投与と口腔内ケアが推奨される。

表1:PEGの適応と禁忌

PEGに関連した主な合併症

造設手技自体に関連したもの

  • 心呼吸停止、咽頭痙攣
  • 誤嚥
  • 腹膜炎、敗血症、創感染
  • 胃出血、血腫、胃穿孔
  • 内臓誤穿刺

留置した胃瘻チューブに関連したもの

  • 局所圧迫壊死
  • 創感染
  • チューブ逸脱
    バルーン脱気、破裂
    バンパー埋没、脱落
  • 胃排出能低下、イレウス
  • 胃潰瘍
  • 幽門閉塞

経腸栄養剤投与に関連したもの

  • 胃食道逆流
  • 誤嚥
  • 下痢、食欲不振

チューブ交換トラブル

日本消化器内視鏡学会編:消化器内視鏡ガイドライン第2版,医学書院,2003より

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-507