>  > KAAZ アルテッツァ SXE10 3S-GE LSDオーバーホールセット

KAAZ アルテッツァ SXE10 ZOOM 3S-GE [ホイールのみ単品4本セット] LSDオーバーホールセット

2014.08.19

SXE10 アルテッツァ LSDオーバーホールセット SXE10 3S-GE 3S-GE KAAZ

日本の在来馬、それは昔から日本の風土の中で生き、土地の人々によって長い年月をかけて育てられてきた馬たちです。いずこの地でも人とともに働き、生きてきたというのが在来馬の大きな特徴ですが、今回はこれまでと少し違った暮らしをする御崎馬を宮崎県都井岬に訪ねました。彼らは長い間「放牧」という形で管理され、自然の成り行きのまま子馬が誕生し、あくまで自力で採食しながら都井岬の自然環境に対応して生きる馬たちです。それゆえ彼らは「野生馬」と呼ばれています。

推古天皇が「馬ならば日向の駒」と歌ったほど、かつて日向国(現在の宮崎県)とよばれた地域では馬産が盛んでした。朝廷が直轄する全国28箇所の馬の牧場のうち、3箇所が日向国にあり、農耕、交通、輸送、戦争、狩猟など、馬は日向の人々にとって欠かせない存在だったのです。

源平合戦の後、日本各地では力をつけた武士が台頭するようになり ACRE ブレーキパッド ■アクレ フォーミュラ800C リア 【品番:612】 トヨタ クラウンマジェスタ UZS186 04.7~09.3、日向でも延岡、高鍋、左土原、飫肥、そして都城薩摩の5藩が領土を治め、藩政時代を通して盛んに馬産を行いました。このうち高鍋藩では、領内の福嶋地方(現在の串間市)にもっとも力を注ぎ、御牧(おんまき)とよばれる藩営牧場(藩牧)が、都井の御崎牧場を含めて7箇所もありました。民間や個人が経営する里牧(さとまき)80箇所をあわせると、当時この地方には6000頭もの馬がいたといわれています。馬は藩の軍馬としてだけでなく、領内の農耕馬としても重宝されていました。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-39093