SSK エスエスケー その他ハンドルパーツ レバーガード 左側 P1カラー:ブラック P2カラー:レッド P3カラー:ブラック GSX1300R ハヤブサ(隼)

UnderFellのグリルビー(バイオレット)がUTグリルビーのまた他の人格で登場します Yana Shiki USA CA4042 クローム Blade スタイル Clutch lever (海外取寄せ品)。
조회 302

Google翻訳を使って韓国語を日本語に翻訳したものです。
日本語が下手ので、編集がぎこちないすることができますので、予めご了承下さい。


二番目のデートとして心臓が張り裂けそうなときめきを与えることはなかった。 そんないきいきとして汚れていない恋をするにはサンズも、グリルビーも過度に成熟した。 彼らが恋人になったのは、地上に上がった後だったが、それ以前に、すでに長年の友人だった。 そして彼らが体を混ぜた期間も短い方ものではなかった。 たまには慰労のため、たまには憂鬱で、ほとんどはサンズのとんでもない掛け金を返済するための寝床だった。 表向きはサンズがグリルビーを利用したようだったが、二人はそう思わなかった。


"疲れて見えます"


それで今日グリルビーは初の人事で甘い賛辞の代わりに心配することを言った。 サンズはhp1モンスター、いつも疲れた。 だからグリルビーの言葉はサンズが普段より疲れて見えてすぐに倒れそうだという言葉だった。


"今日朝の最初のタイムにFriskと州知事会って来たよ. ハアム。遅れることを心配し、その子の家に泊まったよ。君と遊んでからまたある、Friskと一緒にトリエルプレゼントを買いに行かなければなり"


"重要なことで忙しいなのに時間を割いてくださってありがとうございます、サンズ・・・"


"エボッ山最高のホットガイと会うのに、ただ怠けてばかりはいないだろう?"


サンズがにっこりと笑って見せると、グリルビーの顔がさらに赤く焼けた。 彼らの関係が成熟するように成熟しているというのは、サンズにのみ該当する話だったのかもしれない。 デートも、対話も、食事もいつもサンズの好みを中心に行われた。 グリルビーはただ・サンズが自分のそばで楽しく話していればいい怪物だった。 サンズは、不精ことはしても主導権を断った性格はなかったため、よく似合うすることができた。


今日の日程はそれで天体博物館だった。 関心分野の知識ではすでに地球上の人間らの大半を超える・サンズだったが、博物館というものは彼にはじめてだったのにまるで子供のように目を輝かせながら喜んでいたのだ。 グリルビーまた、サンズを見ながら楽しかった。


"疲れたの"


ないか違うのかと博物館を出るやいなや、サンズは、光束で放電してしまった。 グリルビーはそれが自分の過ちのようにサンズを懐に抱いて出て、たまらなかった。


"大丈夫。ちょっと目つけばいいかな。 コーヒーもちょっと必要で"


"早く買ってきます"


サンズはグリルビーのコートを布団に、ベンチでうっかり眠り込んだ。 サンズはすでにマスコミでよく知られている怪物だったため、誰が攻撃することはなかったが、行人たちに写真を何枚撮られたようだ。 のっそり起きて目覚めた時は、すでに夕闇が下した夜だった。


"なぜ起こさなかったんだ、友達"


そしてその姿をグリルビーが立って見守っていたし言葉だ。


"すみません。 とてもぐっすり眠って。 プレゼントはFriskが考えてうまく買ったんです"


サンズは片方のまぶたを五分の、グリルビーを横目した。


"これをどうしている"


"どうせこのようになったこと、私が知っている良い所に一緒に行ったらどうですか"


"良い所?"


サンズが鼻の先で笑いながら笑止というようににらみつける。 赤裸々な彫塑にグリルビーの花火が一度火がつくた火薬のように燃えたが、サンズは素直に居酒屋まで連れ添った。


"人間の照明も悪くはないですね。"


グリルビーがサンズに酒をついでくれながら言った。 彼の視線はサンズの頭蓋骨と頸椎屈曲に映った華やかな照明の密かな影に謳われている。


"とてもたくさん受けじゃない"


"連れて行ってあげます"


"私が始めて見たやつに私の身を任せなければならないほど弱々しく見える?"


サンズの口元は依然として笑う戸だ。


"いつから知ったん"


"グリルビーラーメン日殴ってでも起こしてしまっただろう"


事実グリルビーでも殴ることはないが、。 紅炎が紫色に変わった。


"それでもギクシャクした初対面は嫌いだったのにね"


"本当に初対面だよ、私たち?"


"......"


"お前誰だ!"


紫色花火になった男が姿勢を変えて、足を組んで座った。 彼の目はグリルビーのような目とは想像できないほど流れていた。


"顔だけ優しいと思ったのに相当したことを、愛いやつ"


"ああ、私の冗談の腕前を聞いてみたらもっと大変に感じられるよ。 大人の言葉に返事でもするのがどうかな"


どのような状況でも笑う顔は不思議だ。 しかし、グリルビーはサンズの片方の目が青く光って彼をじっといることを知った。


"私はもともとここにいたよ。ほとんどの時間を眠るように送ったが、この体の元の持ち主があなたを無惨に好きということくらいは知ることができたよ。 そうね・・人間たちの言葉でいえば、潜在意識のような存在ではないかな?"


"交代性人格だ"


サンズは人間たちの小説<ジキル博士とハイド氏>を思い出していた。 最初は面白かったですが読むほどカストが浮かび上がってなにに覆った記憶が出る。 二重人格というのは、鬼たちには不慣れな概念だったが、人間や人間たちの科学に博識な・サンズには馴染みのなかった。


"なぜそんなによく知ってんだよ"


"当惑したことも、優しい子の体の中にいる悪い子の人格は私に慣れたシチュエーション・だから"

サンズは、テーブルのタバコ一本を選んで火をつけて一口深く吸っては杯に灰を払った。 取る考えはなさそうだ。


"やめば、自己アピール十分にしたから私のホットガイを返すことがそう"


"あいつがそんなに好きか"


"好きじゃないと、昼寝でも寝ここに出ているんだ"


グリルビーはむしろ近寄ってきた。


"私はね、この体の本来の所有者があなたをなぜそんなに大事にするのかよく分からないなら"

紫のグリルビーがサンズの肩に手を上げた。 サンズが反応しないと、ゆったりと輪郭線を乗って首の骨まで指先でたどっている。 花火がすごく熱くて冷たくてしみる。


"もともときれいなのは壊したらもっときれいだけどね"


サンズがあきれている表情になった。 それでも口元は依然として笑うままと紫グリルビーの加虐意欲を刺激した。


"もともとやつとは次元が異なる夜を過ごさせてあげる"


"......"


思ったより容易くない。


"一緒に遊べないくれるね"


結局、サンズが席から立ち上がった。 家に帰るふりを引き離した後グリルビーが元に戻ってくるまで無事に帰宅するかこっそり後ろを踏むつもりだった。 人間たちのカウンターの高さよりも背が小さい・サンズがカウンターを自然に過ぎ、グリルビーが計算するために入口で止まった時がタイミングだった。 (最初からサンズはパピルス以外の他の怪物にご飯を買ってくれる暖かい人徳の所有者ではなかった)魔法を急いで書くので左の目が青く焼けた。 サンズは誰も気付かない速いスピードで片方の足をつけてくるりと回り、次の瞬間彼は隣の建物の屋上に移動した。


"…どこに行ったの?!"


グリルビーが見えない。 瞬間移動を繰り返しながら捜索したが、グリルビーがドアを出た瞬間から行方がない。サンズは神経質的にタバコを吐いては足で混ぜて火を消した。 よくない。 人間が怪獣よりはるかに強いというのは常識だ。 地下でもない地上でけんかをかけるちょうどいい性格の怪物が制御されないままに出回っているということは心配になる。 もし人間や怪物の間で衝突があったらそれは-これ以上グリルビーとサンズに対する話がないことになる。 




夜明け3時。


しない所は全部探すが、グリルビーは見えなかった。 Friskを監視していた経験とその誰よりも人を探すことに優れた怪物のサンズとしては珍しいことだった。 仕方なく彼の狭いオフィステルに帰宅して体力を補充することにした。


"結局家にもなかった…あいつ。"


積もり積もった疲労の中でサンズの頭が固いになってくる。 一晩で行方不明者届出をするのは、早まったことがある場所だ。 グリルビーはそんなに弱い怪物がない。 彼はコアの溶岩が生んだ怪物だ。 少なくとも一対一の状況で人間を倒すことはできなくても生き残ることができるかも知らなかった。 しかし、もしその'紫色'グリルビーが普段・サンズがよく知っているグリルビーと大差がないなら、魔法の如何にかかわらず他者を傷つけるには素質がないだろう。 まず、夜が明けてみれば、まともに目覚めることできるかな。。知っている怪物に全部連絡をして-


-守ることができなかった。


雪原にぱらっとかかった白いほこりと赤いスカーフが脳裏にちらちらする。 ぞっと疲れた疲れたみたいだ。 つまらないことを考えてやり遂げて…


今・サンズに必要なものは今、リゾートでパーティーを終えてよく寝ている弟に対する心配事ではなくグリルビーのまた他の人格に対する分析、おいしいケチャップ、そして十分な睡眠…それだけだ。 崩れるようにベッドに倒れたその時、ファルルクする小さな音が、後ろから聞こえた。


"……あんたね。"


闇だけとだけ考えていた部屋の中で、紫色花火が壁によって立って彼を見つめている。 全身が炎となっているのにも、兩方の瞳がサンズの体を嘗めるように貪るのを感じることができた。 安全に見えるのは幸いなことだが、私の生意気、 彼の言葉を聞いかはまた別の問題だ。


"そんなにあるのでいっそう小さく見えるね。 かわいい。"


噛んで食べたいくらい。紫の舌が出て、入る。 サンズはグリルビーと一緒にしたそれほど長い間このように脅威的で侮辱的な気分を感じたことがなかった。

SSK エスエスケー その他ハンドルパーツ レバーガード 左側 P1カラー:ブラック P2カラー:レッド P3カラー:ブラック GSX1300R ハヤブサ(隼),[#tong##]

■商品番号ALGSU02BK-RDBK■JANコード4589995273744■商品概要左側(クラッチ側)P1カラー:ブラック P2カラー:レッド P3カラー:ブラック■適合車種▼SUZUKIGSX1300R ハヤブサ(隼) 99-■詳細説明●P1、P2、P3はカラー選択ができます。(画像をご確認ください。)●ロードレースにおいて、他の選手のマシンや体がブレーキレバーに接触してしまい前転したり、転倒する危険を回避するために2012シーズンからMotoGpでも義務付けされた安全装置です。●レースのみではなく街乗りの際のハンドガードとしての機能性を考慮し、さらに先端部は摩擦係数の少ないPOM(ポリオキシメチレン)で製作しておりますので、万一の転倒時に車体の損傷を最小限に抑えます。●高強度アルミニウム合金素材(A6061-T6)削り出し、アルマイト仕上げで美しい外観を長く保ちます。●調整機能も備わっておりレバーに対してのクリアランスを3段階お好みで調整いただけます。■注意点※ご使用のグリップ・車種によってはワッシャー等で調整する必要な場合がございますのでご注意ください。※モニターの環境等の理由により画像の色と実物の色が若干異なって見える場合がございます。※取り付け写真はイメージです、商品のカラーと異なる場合もあります。※この商品は予告なしに価格や仕様を変更する場合がございます。

。 完全に他の怪物のようだ。 本当にグリルビーとは信じられないほど。


"望むものか TSUBAKI チェーンキット KAWASAKI Z1000 (630タイプ OMEGA ORS)【Tsubaki Chain kit KAWASAKI Z1000 (630-type OMEGA ORS)】【ヨーロッパ直輸入品】 14 49。 お前本当にグリルビーがあってはいるの?"


その言葉に紫の炎が爆発するように吹き荒れた。 そして炎は再び純情でクリーンな鮮紅の色に変わった。


彼のグリルビーだ。 サンズのグリルビーだ。


"サンズ…私はただ、あなたが忙しすぎた残りの.. あなたと一緒にやってきた静かな時間が懐かしいだけです。"


グリルビーの目のすぐ隣と骨が表彰のように飛んでいって壁に突き刺さった。 壁にはひびが入っている。 部屋の中は瞬く間に再び紫色に染まった。 紫の舌が舌なめずりしている。


“Damn hot…!!”


"私は今気持ちが良くないの。思わせ振りをしない、本論だけ言って。"


"これ以上<陰>にいたくないんだ。 夜は居酒屋でお金の多くの戸口を相手にお金を稼いで、昼にはdarlingが私の下にきれいに泣いてくれそのような人生を生きたいんだよな。"


"君の言うことはつまり、地下の憂鬱で素朴な酒場で働く時には万事面倒、地上に上がってからグリルビーの体を獲得したいと思ったこれね。 グリルビーはなぜこのようなやつに差して。"


"お前本当にいいじゃん!!本当に大丈夫。見れば見るほどはまって。もともとやつがなぜそんなに戸籍のように振舞ったのか知るだけして。 この本当に愛に陥っては、計画に支障が出るんだけど。"


"計画か。"


"<もともと体の主人のやつが自分の手で大切な恋人を強姦したということを悟って精神的衝撃を受ける時を乗じて肉体を占める>計画のようなもの?"


"なるだろうか!"


とても疲れて今の状態ではブルレストを到底書けない。 瞬間移動や重力操縦も大変そうだ。 しかし、サンズにはグリルビー程度はカストブルレストがなくても勝つことができるという自信感があった。 白と青の骨が優雅な曲線を描きながら紫の花火に向かって飛んでいった。 グリルビーは余裕をもって避けて最後の骨一つを避けられないで迎えてしまい、サンズはその隙を逃さなかった。


"そんなに体力が有り余っば、一人でダンスや踊って。"


床で骨になったやりがパパパクわいて空間を突き通した。 しかし、グリルビーは前倒しにするようで全部避けた。 完全に無防備な状態。だが、サンズはグリルビーを攻撃できなかった。


"Hp1にね。 もし、他の側の自分だったら君が傷つくことを手先一つつけることができなかったであろう。"


"ところで私は攻撃できるから。"


紫の輪が爆発した。 せいぜい服を燃やして傷もしばらく熱い裂傷に過ぎないほど弱い爆発だったが、サンズには致命的な負傷がなった。 サンズは気が遠くなることを感じてベッドにそのまま倒れた。 紫のグリルビーがそんな・サンズの両手首をつかまえて押した。 強すぎて凍え死にしそうだ。 サンズはぶるぶると震えながら汗を流すこと以外は何もできなかった。


"私の紹介をしなかったでしょう? 私の名前はペルグリルビーだよ、darling.しかし、今夜は私をグリルビーと呼んでも良いよ アサヒ技研/ASAHI ウォーターポンプ A1775 トヨタ/TOYOTA カリーナ/カリーナED カローラ/スプリンター コロナ/コロナExiv スプリンターカリブ。"


"良い言葉で言う時に…消えて…"


"それ知ってる?これ以上の前戯はないはずさ サンズ。"


スノーディン出身の怠惰な骸骨は三日間も連絡の途絶えた。 グリルビーはサンズの家の鍵を持っていたが、彼の大切な骸骨はあまりにも秘密が多く、防御的な性格だったためにサンズと一緒に来てないなら、家まで行くことはほとんどなかった。 しかし、三日間も連絡は付かず、そうと主張し、Friskなどにサンズの安否を尋ねるくらい打ち解けた仲もなかったために結局、直接訪ねて準備をした。 サンズが最も好きなグリルビーハンバーガー10個、フライドポテト5の皿、軽いスパークリングワインのボトル、そしてそこに画竜点睛に美しい赤い薔薇……の色をしたケチャップ15通。とてつもない荷物の包みになってしまったが、サンズはその小さな体で信じられないほど、大食家だ。 残って処置困難になってしまうことはないだろう。


"…・サンズ。"


壁の向こうから電話中の声が聞こえた。 サンズはFriskにパピルスに自分は大丈夫だと安心させてほしいという依頼をしていた。 サンズを知る人なら、サンズが直接パピルスに電話しないというのが何の意味なのかよく知っている。 確かに今のサンズは声から状態がよくない。 グリルビーはサンズの通話が終わるのを待って、およそ1分ほど待ってドアを開閉する音を立てた。


"誰だ


"サンズ、私です。"


“… …”


入ってくるとも、早く来いとも言っていない。 グリルビーはちょっと悩んだが、結局、中に入った。 家は、いつものようにひどく散らかっている。 これからは掃除をしてくれるためにもさらに頻繁に来なければいけないようだ。 サンズはベッドに起きて座ったまま、グリルビーを上下に観察するように通した。


"来た。"


"はい…心配になって。 その日家によく入ったかも確認しなかったからです。"


"あなたはどうやって入った?"


"それが事実は…よく覚えてないです。 飲み屋に行ったようではあるが、飲む前から取った感じだから。"


サンズはグリルビーを見た。 ハンサムで善良な彼氏でもあるが、同時に彼の無二の親友でもある。 グリルビーはよく分からなかったがサンズは最も大変な時期の一つをグリルビーのおかげに耐えることはできた。 サンズは自分がどうであれグリルビーを助けなければならないという責任感を感じた。 しかし、どう? 今この瞬間にもグリルビーの炎が起こす熱が怖いけど。


-ああ、アアアッ…。!

-気絶しちゃダメよ,darling.今日私たち最初の夜じゃない?

-つい…やめて、この及ぼした野郎め!

-何度もそんなにかわいくにわがまま言うなよ。 本当に好きになっちゃうんだよね。


今もその不気味な声が背筋に乗って上るようだ。 自分を'ペル'と紹介したその紫色グリルビーは自分の肉欲も、サンズの快楽でもない・サンズの苦痛を向けてセックスをしているようだ。 極度に疲労した骸骨の意識が混濁ば低い温度で、骨を焼いたり、首を絞めたりして、今も彼の首の骨を含めたあちこちが焼けた痕跡が残っていた。 そしてその跡こそペルの目的だった。 傷口が治る前に'もともとグリルビー'に体を見せなければ次はもっと苦しませてくれと何度も言ったからだ。 サンズはその脅迫について悩んでいた。 ペルが怖いのは、肉体的な-骸骨であるが-反射反応に過ぎず、彼に屈服するしかないという考えはしない。


サンズが心配するのはグリルビーだった。 ペルグリルビーが本当にグリルビーのまた他の人格か、でなければ肉体を奪う幽霊のような存在なのかは分からないが、ペルが心から自分の立場について納得しなければ、再びグリルビーの肉体で殺到するものだ。 そしてサンズはそれがそれだけでなく、グリルビー自分にも莫大なを及ぼすものと信じていた。 サンズは自分がどんな状況に置かれているのかよく分かった。 そしてこの状況を解決する過程が非常に苦しいという事実も知っていた。


"…。私を避けていらっしゃいますね。"


"……"


"以前にも申し上げたが、サンズ、私がもしあなたを十分に満足させてあげなかったら他の方に惹かれることを理解するように努力してみます。 私に呵責のようなものを感じれる必要はありません。 私はあなたがこんなに私を私的な空間に許可して、、私のために時間を奪われていることだけでも感謝しますから。 だから私を無視しないでください 。"


グリルビーのあの過度な善良な性格が毒になってペルグリルビーを作って出したのだろう。 サンズはグリルビーの隣の食料かごをひと目見た。 優しくて優しい人。 サンズは自分がグリルビーを勝手に振り回すのとは別に、グリルビーが自分にどんなに上手くやってくれるかはよく知っていた。 グリルビーとの間がだめになったら、傷つくのは、むしろ・サンズ、自分かも知らなかった。

"グリルビー。もし誰かが…私が愛する誰かが日傷つけたら、あなたはどうするの?"


紅蓮の炎が立てて揺れた。


"…。それは先ほど申し上げたことと他の問題です。 以前はあなたが直接私に話す前までは干渉できないと思ったんですよ。 その時の選択は私に最も後悔される選択肢の一つでした。 私はあなたが傷付くことをこれ以上ほっておけないでしょう。 たとえあなたが大事にするその人間の子としても…"


サンズの瞳が青く輝いた。 リセットについて…。知ってる?いや、そんなはずがない。 サンズはグリルビーが胸の傷跡について聞いたときに何も言ってくれなかった。 自分とFriskが話をしてくれない限り、グリルビーがリセットについて知る可能性は皆無だ。 しかし、無意識的に記憶をするようになったらどうなの?


-人間たちの言葉でいえば、潜在意識のような存在ではないかな?


ペルグリルビーの言葉がひょっとしたら正しいことかもしれない 【プロジェクトミュー】TYPE HC-CS(タイプエイチシー・シーエス) スバル レガシーB4 LEGACY B4用 BL5(NA)系 リヤブレーキパッド 品番:R914。 数え切れないほど繰り返しされたタイムラインが、表面的には何の問題がないが、微力した無意識のレベルで少しでも記憶と感情に影響を及ぼしたかもしれない。 リセットが性格を変化させることができるということを一番よく証明した怪物がまさに・サンズの自身だった。 それならまさか、'ペルグリルビー'が現れた原因は、まさに…


"私はいつも考えてきました スタッドレスタイヤ 4本セット ヨコハマタイヤ ice GUARD IG50 PLUS 205/65R15インチ Aa ステップワゴン イプサム。 最初はあなたを眺めるだけでも、あなたの話を聞いただけで充分だと信じましたが、それが必ず正しいものではないことができるという事を。 あなたが疲れていく姿、あなたが苦しむ姿…ずっと見るが、はいたしません。 私がもう少し勇気を出せば、もしかしたら、あなたがもっと幸せになれるないかと…"


“グリルビー…!”


グリルビーがサンズのシャツを裏返した。 深く掘られた胸の刺傷周辺は歯形と焼けた痕、そしてあざに満ちていた。 彼は気絶するたびに、ペルグリルビーが放って焼いた痕跡だ。 鮮紅色の炎が童謡に経た風のように揺れた。


"この傷のために…数日間私を避けたのですか?"


"グリルビー、放して。言って。"


"しかし、これは誰が見ても私しか残すことのできない…その日いったい何があったんです。"


"じゃない、グリルビー。落ち着いて…あなたの過ちではない。 わかる?私がこの問題を解決できる。君にうらまず…だからおいて。"


いや、まだできない。 サンズはグリルビーを向けて毅然と対処しようとしましたが、わずか数日前のことだ。 ペルグリルビーが彼にプレゼントした残酷な時間が悪夢のように体と怪物を押さえつける。 グリルビーに真と話しているが、むしろ・サンズの方がグリルビーと近くなるほど冷静さを失っていた。


"サンズ。私がこんなのですか? 私があなたに傷を…。"


"あなたの過ちではない、グリルビー!君がなく、他のやつが-"


“Time out.”


花火が口を広げ、紫の炎が赤い色の炎を蚕食して進む。


恐怖が骨に乗って流れる。


"そんなに可愛いことをしきりにすれば、本当に恋に落ちちゃうんだよねそうだね。"


サンズが立ち上がって逃げようとしたが、まだ体が丈夫でなかった。 よろめいた瞬間、ペルグリルビーは、片方の手で余裕のあるようにサンズの二薄い足を引っ張った。


"もっと大胆なプレーでいくべきかな? すべての人が'グリルビー'が何かやらかしたということを知ることができるようにね。"


ペルグリルビーはサンズの足を掴んだままで逆に持ち上げた。 くたびれた服が下がってよい景色を与えている。 サンズはどうしても足を抜こうとしたが、手が届かなかった。


"ないと、見ただけでも、罪悪感を感じさせるほど壊したり…どう考えて、愛いやつか?"


"すみませんが私は大人で、過激なプレーは過去の思い出だけで残したい。"


サンズが冷や汗を流しながら述べた。 しかし、彼の表情は彼が言うように余裕はできなかった。

"darling、あなたは何もする必要ない。ただきれいに泣いてばかりすればいい。"


真っ白な骨が紫色に染まった。

SSK エスエスケー その他ハンドルパーツ レバーガード 左側 P1カラー:ブラック P2カラー:レッド P3カラー:ブラック GSX1300R ハヤブサ(隼)




<End>

@pukatus

퓨카투스 님의 창작활동을 응원하고 싶으세요?