★送料無料★(一部離島等除く) プレーリー リバティ PM12 スプリング【アールエスアール】サスペンション プレーリーリバティー RM12 2000 NA [13/5~] Ti2000 DOWN - 1台分


 >  > ★送料無料★(一部離島等除く) プレーリー リバティ PM12 スプリング【アールエスアール】サスペンション プレーリーリバティー RM12 2000 NA [13/5~] Ti2000 DOWN - 1台分
17インチ サマータイヤ セット【適応車種:セレナ(C26系)】WEDS ジョーカー マジック シルバー 7.0Jx17ディレッツァ DZ102 205/50R17
DUNLOP ダンロップ WINTER MAXX 02 ウィンターマックス WM02 スタッドレス スタッドレスタイヤ 205/65R16 MANARAY SCHNEDER SQ27 ホイールセット 4本 16インチ 16 X 6.5 +48 5穴 114.3 0 Comments


円山のふもとの某所に、ミズタマソウだと言われている植物があります(上写真)。

しかし、ほかの場所で生えているミズタマソウを見るたびに、円山のふもと某所に生えているのはミズタマソウではないような気がしていました。そもそも葉っぱの形からして違うのです。そんなわけで、某氏を誘ってビールを飲みに確認に行ってきました 215/65R15 DUNLOP ダンロップ WINTER MAXX 02 WM02 ウインターマックス 02 VELVA TESALIA ヴェルヴァ テサリア スタッドレスタイヤホイール4本セット 【T018】ノア [H22/4-H26/1][ZRR70 / ZRR75] カジュアルエスライン ホワイト Bellezza ベレッツァ シートカバー。

次の図は、ウシタキソウの葉とミズタマソウの葉の一般的な形を示したものです。ウシタキソウの葉の基部はハート型ですが、ミズタマソウの葉はそうはならずに細長いのが普通です。しかし、円山某所のその植物は見事にその中間的な形をしています。




ハート形とも言えない感じだし、細長いわけでもありません。



見事に中間的な葉っぱです。



参考までに、下の写真は他の場所で撮影した普通のミズタマソウです。やっぱり、ぜんぜん違いますね。

★送料無料★(一部離島等除く) プレーリー リバティ PM12 スプリング【アールエスアール】サスペンション プレーリーリバティー RM12 2000 NA [13/5~] Ti2000 DOWN - 1台分
シーマ(97.9~98.9)(FHY33)トラクションコントロール付■APPブレーキパッド(KG-1204)前後1台分セット 適合要確認■代引き不可■!Bellezza/ベレッツァ シートカバー シャトルハイブリッド GP7/GP8 セレクション ベージュ.18インチジェイドFR4AXEL  アクセル フォー シルバー 7.5Jx18ZIEX ZE914F 225/45R18,AL キャンセラー 2018 ASICチップ 2ピース 55W キセノン HID CAN-BUS エラー バラスト カー ヘッドライト フォグライト デジタルファストスタート原子炉 AL-AA-5847

★送料無料★(一部離島等除く) プレーリー リバティ PM12 スプリング【アールエスアール】サスペンション プレーリーリバティー RM12 2000 NA [13/5~] Ti2000 DOWN - 1台分






では、ほかの特徴をチェックしてみることにしましょう。まずは赤い◯で示した部分を見てください。もしミズタマソウであるならば、この節部はハッキリと紅紫色になるはずなのです。しかし、ここの植物はそうはなっていません(個体によっては少しだけ赤っぽくなっています) 。ウシタキソウであれば、赤っぽくならないのが普通です。

また、ミズタマソウであれば、果実に4本の溝ができるはずです。そしてこの写真を見るとそれらしいものはあります(それほどハッキリとしてもいませんが)。あとは、果実がそれほど密集してついていないのはミズタマソウに近い感じはします。


参考までに、下の写真はウシタキソウと思われる植物の写真です UVカット IRカット フィルム オリジナル 製 クリア フロントドア TOYOTA トヨタ コルサ 3ドア H06/9~H11/7 EL51・53・55 NL50 T047-02E 車種別 カット済み フィルム貼り 張替。前の写真と比べると、果実の柄が短く、密集しているのがわかると思います ■DIXCEL(ディクセル) メルセデスベンツ W221 S600L 221176 MERCEDES BENZ ブレーキローター フロント PD TYPE。



最後に茎の毛を見てみましょう。この植物には毛が少なく目立ってはいません。これはミズタマソウの特徴です。



一方、下の写真はウシタキソウです。茎に毛が密集しているのがハッキリとわかります。





さてさて、この植物の正体は、いったい何なのでしょうか?
その答えとなりそうなヒントが『日本産ミズタマソウ属』という論文にありました。

そこには、ミズタマソウ属は日本で7通りの雑種を作っており、ミズタマソウ属の雑種は形態的に両親の完全な中間型となること、雑種は栄養繁殖をして大きな群落をつくっていることが多いことなどが記されています(ちなみにミズタマソウ属は多年草ですが、雑種は不稔となるそうです)。そして某所の植物は見事な群落を形成しています。



ウシタキソウとミズタマソウの雑種にはヒロハミズタマソウ(ヒロハノミズタマソウ)という名前がつけられているそうです WINMAX(ウインマックス)ブレーキパッド ARMA ストリート AT2 スズキ アルト HA12V/12S/22S リア用。もしかすると、某所の植物の正体はヒロハミズタマソウなのかもしれません。




関連記事
スポンサーサイト
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-58531