【ブラジル代表戦力分析】

いかんせん選手情報が少ないブラジル代表チームですが 15インチ サマータイヤ セット【適応車種:ワゴンR(MH34S、MH44S)】WEDS ライツレー ZM ブラックメタリックポリッシュ 4.5Jx15ADVAN ネオバAD08R 165/55R15、今回WBC初出場のため、予選ラウンドから参加しています。

監督は、米球界の殿堂入りも果たしているバリー・ラーキンの下 、スモールベースボールを標榜しているので日本とタイプは似ています。

予選では現役メジャーリーガー4人を擁する強豪パナマに2度勝利し、

、本大会出場を決めたダークホース的存在と言えるでしょう。

とはいえ、全体の戦力は未知数な部分が多く、それほど高いとはいいきれない。

打線は予選ラウンドからキャプテンを勤めた東京ヤクルトスワローズの松元ユウイチ内野手、社会人ヤマハ所属 コミネ PK-738 プロテクトライディングメッシュパンツ-コンゴウ、元ヤクルトの佐藤二郎選手が中心で、パウロ・オーランド外野手など、米マイナー契約の選手が数名選出されているが、未知数な部分が多い。

また 【ブレンボ】ブレーキパッド MERCEDES BENZ W215 [ 215373 ][ 01/09~02/10 ][ FRONT ] 【 レッド Front 4POT/《グレード》AMG CL55 】、本大会では、予選ラウンドで活躍を見せたMLB初のブラジル選手 ステップワゴン RF3・4 H14.10~H15.5 アラデンLSボディーカバー LSB81、ヤン・ゴームズ選手(内野手・捕手)が本大会では出場しないのは、チームにとって痛手である。

投手では、2012年シーズン終了後にホワイトソックスにメジャー昇格したリエンゾが中心となる。MAX150km/hを超えるストレートとカーブ、スライダー、シンカーが武器。他には、MAX155km/hのストレートが武器でマリナーズ傘下所属のチアゴ・ビエイラや、東京ヤクルトスワローズ所属のラファエル・フェルナンデス、金伏ウーゴ選手が中心となりそう。

全体的な戦力は未知数な部分が多いが、予選で強豪パナマを2度下したチームであり、チーム方針であるスモールベースボールが機能すれば勝機はある。

WBC2013 ブラジル代表メンバー一覧

投手 SP 21 ガブリエル・アサクラ 右/右 24 カリフォルニア州立大
P 28 ノリス・チャコーン 右/右 40 Guarulhos
P 27 ラファエル・フェルナンデス 右/右 26 東京ヤクルトスワローズ
P ルイズ・ゴハラ 左/左 16
RP 34 ムリロ・ゴウベイア 右/右 24 ヒューストン・アストロズ傘下
P 24 金伏 ウーゴ 左/左 23 東京ヤクルトスワローズ
RP 19 ケスレイ・コンドウ 右/右 23 ユタ州大(NCAA)
SP 18 ラファエル・モレノ 右/右 17 ボルティモア・オリオールズ傘下
P 13 仲尾次オスカル 左/左 21 白鴎大学
SP 25 アンドレ・リエンゾ 右/右 24 シカゴ・ホワイトソックス傘下
SP 32 チアゴ・ビエイラ 右/右 20 シアトル・マリナーズ傘下
P 15 吉村 健二 右/右 28 ヤマハ
捕手 C 26 平田ブルーノ 右/右 24 東芝
内野手 2B 4 フェリペ・ブリン 右/左 20 シアトル・マリナーズ傘下
1B 33 ファニョニ・アラン 右/左 21 NTT東日本
1B 37 イアゴ・ジャヌアリオ 右/左 20 タンパベイ・レイズ傘下
1B 31 松元ユウイチ 左/左 32 東京ヤクルトスワローズ
2B 17 奥田ペドロ 右/左 22 シアトル・マリナーズ傘下
3B 20 レオナルド・レジナット 右/右 22 タンパベイ・レイズ傘下
2B 1 ルーカス・ロホ 右/右 18 フィラデルフィア・フィリーズ傘下
SS 6 田中マルシオ敬三 右/右 32 JR九州
外野手 OF 30 チアゴ・マガリャエス 右/右 31 シアトル・マリナーズ傘下
OF 9 曲尾マイケ 右/右 21 元東京ヤクルトスワローズ
OF 29 J.C.ムニス 右/右 36 Marillia
RF 16 パウロ・オーランド 右/右 27 カンザスシティ・ロイヤルズ傘下
OF 35 ジーン・トーミ 右/右 23 Atibaia
OF 36 佐藤二郎 右/右 32 ヤマハ

引用元:http://www.selection-j.com/special/2013/wbc/team/br.html

WBC2013 ブラジル代表メンバー一覧