>  > 【関西、関東限定】取付サービス品GH インプレッサハッチバック テールライト【ヴァレンティジャパン】インプレッサ ハッチバック GH2/3/6-8 REVOシリーズ ジュエルLEDテールランプ 1台分 カラー:クリア/クローム

【関西、関東限定】取付サービス品GH インプレッサハッチバック テールライト【ヴァレンティジャパン】インプレッサ ハッチバック GH2/3/6-8 REVOシリーズ ジュエルLEDテールランプ 1台分 カラー:クリア/クローム

■カタヤマ スプロケット120〔品番:120A26〕[TR-8040222]【USA在庫あり】 コソ KOSO ミラー ブルーレンズ バーエンドマウントマウント カーボン/黒(左右ペア) 0640-0635 HD

【関西、関東限定】取付サービス品GH インプレッサハッチバック 【メーカー在庫あり】 テールライト【ヴァレンティジャパン】インプレッサ ハッチバック GH2/3/6-8 REVOシリーズ ジュエルLEDテールランプ 1台分 カードでポイント最大34倍 カラー:クリア/クローム

インプレッサハッチバック テールライト【ヴァレンティジャパン】インプレッサ インプレッサハッチバック カラー:クリア/クローム ハッチバック 1台分 1台分 ジュエルLEDテールランプ REVOシリーズ GH2/3/6-8 【関西、関東限定】取付サービス品GH

2013 2/22 総合政策学部の学生の皆さん

 今回のテーマは、国家と地域というか、近代国家としてのまとまりと地域との関係です。その対象はイギリスとイングランド、そしてスコットランド(できれば、ウェールズも)。なぜ、こんなテーマをとりあげるかと言えば、最近、学生さんと話しているうち、“スコットランド”を「知らない=聞いたことがない」という人がいて茫然としたからです!! 困ったことです。

 とはいえ、ここまで話したところで、タイトルの“連合王国”(英語でUnited Kingdom)がいわゆるイギリスだ、ということに気付かない人もいらっしゃるかもしれません。ということで、今回は連合王国の話です。

 さて、皆さん、Googleで「英国大使館」と検索をかけると、http://ukinjapan.fco.gov.uk/ja/のURLで駐日英国大使館のHPが出てきますが、トップページのタイトルが“UK in Japan”です。大使館自体は“British Embassy Tokyo(English versionでは)”です。イギリスもイングランドもでてきませんね。

  それではイギリスの正式名称は何かといえば、「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(“United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland”」となり、このUnited Kingdom(連合王国)の頭文字がUKになるわけです。

 これらの言葉にはすべて歴史が刻まれています。“ブリテン”は実は地名=ブリテン島あるいはグレート・ブリテン島です。それではこの“ブリテン”はどこから来たかと言えば、紀元前にギリシア商人たちがこの島を“プレタニケ”と呼び、それが“ブリトニー”になり、さらにラテン語で“ブリンタニア”に変化したとのこと。たしかに、カエサルの『ガリア戦記』やタキツスの『ゲルマニア』には“ブリンタニア”などと表記されているはずです。それならば 【TMワークス】 イグナイトVSD アルファ16v IgniteVSD alpha 16v 本体+車種別ハーネスセット FORD FORCUS にお勧め! 品番:alpha 16v + VH058、スコットランドとはどこか?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 これが実にローマ5賢帝の一人、というよりも最近ではヤマザキ・マリ原作の傑作コミック『テルマエ・ロマエ』の最重要脇役の一人 、ハドリアヌスが関係しているとも言えます。

 実は、ローマ帝国はブリテン島のすべてを支配することはついにありませんでした。ブリテン島北部にはカレドニア人たちが立てこもり、ここだけは征服できなかった。そして、紀元117年帝位を継いだハドリアヌスは先帝トラヤヌス等の際限なき外征路線を断念します。

 これは「東部国境の安定化ならびに防壁建造などによる帝国周辺地域防衛策の整備」によって、「ローマ帝国全体の統合と平準化」を図るという帝国戦略の一大転換でもありました(Wikipedia)。そして、

【関西、関東限定】取付サービス品GH インプレッサハッチバック テールライト【ヴァレンティジャパン】インプレッサ ハッチバック GH2/3/6-8 REVOシリーズ ジュエルLEDテールランプ 1台分 カラー:クリア/クローム【史上最も激安】

、ハドリアヌスは紀元122年から、カレドニア人を防ぐ防壁“ハドリアヌスの長城”を建築します。長城建設は秦の始皇帝だけではなかったのですね。

 さらに紀元142~144年に、さらに北側に“アントニヌスの長城”も建設されますが、結局は放棄されます。以後、紀元407年にブリタニアから撤退するまで、ローマ軍はこのハドリアヌスの長城で、“蛮族”たちを防ぎとめます。その遺構は“万里の長城”と同様に、現代に残ります。

 それはさておき、この“ハドリアヌスの長城”は実質的に アドヴィックスブレーキパッド■ADVICS ストリートスペック リア用 【品番:SS844-s】 トヨタ カローラレビン/スプリンタートレノ AE101 91.06-95.05 GTZ GTAPEX (スーパーストラットサス付)、城壁より北の地域(スコットランド)と城壁より南の地域(イングランド)の国境として、実に17世紀頃まで持ちいられることで「イングランドとスコットランドの国境として半ば固定化」してしまいます。

 すごいものですね。一人物の政治的判断が、民族(スコットランド人対イングランド人)、言葉(スコットランド・ゲール語 vs. 英語) BAREROCK DD ホイール 1 本 15インチ 6.0J 6J+33 6H139.7 6穴 マットブラックポリッシュ KITJAPAN ベアロック、文化の境界を作ってしまい、それが世界史にも影を落とす出来事になる!

 なお、このローマ帝国占領時代をメインに扱ったのが、イギリスの小説家ローズマリー・サトクリフ原作ローマン・ブリテン4部作です。このシリーズのトップバッター『第九軍団のワシ』がまさにハドリアヌスの長城建設時代、そして、第4作の『辺境のワシ』が紀元350年頃、ローマのブリタニア支配に黄昏がしのびよる頃になります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 それでは、“スコットランド”の語源は何かというと、スコット(Scot)+ランド(land)というわけで、スコット人(Scots)の土地というわけです。ですから、こちらは民族名から来た地域名(もし万一独立すれば、国名)となります。ちなみにイングランドは、アングル(Engla)+ランド(land)でこちらはアングル人の土地、やはり民族名となるでしょう。

 このスコットランド人、現在のスコットランドには450万ほどが残っているようですが、それよりも全世界に子孫たちが散らばっています。例えば、アメリカでは480万人ほどが「自分たちはスコットランド系だ」と考え、カナダでも470万人ほどが同じように考えている。

 そのスコットランド人(そして同じケルト系のアイルランド人もそうですが)によくある姓が「Mac-、あるいはMc-」で始まるもので、「ゲール語で息子(mac)を意味し、マクドナルド (MacDonald) はドナルド (Donald) の息子ということになる」(Wikipedia)。

 例えば、皆さんご存知の『
ピーターラビット』に登場の農夫マグレガーさんはMr. McGregorですから、もちろんスコットランド人のはずです(Gregorの息子=Gregorの子孫)。「イギリスの俳優」と紹介されているユアン・マグレガーは正真正銘のスコットランド生まれです。一方、マクドナルドのハンバーガーの名前の由来となったRichard and Maurice McDonaldは同じケルト系でも、こちらはアイルランド系アメリカ人です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 もちろん、こうしたスコットランド人が最初から単系の民族であったわけではなく、英語版Wikipediaでは“Scotland has seen migration and settlement of peoples at different periods in its history. The Dalriadans, the Picts and the Britons had respective origin myths, like most Middle Ages European peoples. Germanic people such as Angles and Saxons arrived beginning in the 7th century while the Norse settled many regions of Scotland from the 8th century onwards. In the High Middle Ages, from the reign of David I of Scotland, there was some emigration from France, England and the Low Countries to Scotland.”とあります。

 このように、日本列島系日本人と同じく、というよりもさらに複雑に、そして中世まで多くの民族の移動によって形成されたことがわかります。

 中世頃にスコットランドに移住した名家の姓にはブルース家、ベイオール家、マレー家、ステュアート家があるそうですが(Wikipedia) 16インチミラ カスタムL275、285系ENKEI パフォーマンスライン PF01 スパークルシルバー 5.0Jx16トランパス LUK 165/50R16、最後のステュアート家は(世界史を勉強した方はわかりますよね)後世、イングランド王家である
ステュアート朝を開きます。こうしてやがて連合王国が成立するわけです。

 なお、このステュアート(本来Stewertで、のちStuartに改める)は、「スコットランド語の宮宰(Steward of Scotland)に由来」するとのこと(Wikipedia)。仕事が“姓”に変わったわけです。

 この宮宰とは「もともとは、王家や諸侯の私的な家事の管理者」だったそうなので、日本語にむりやり超訳すれば「
尚侍朝」とか「蔵人朝」、あるいは「別当朝」等ということになるのでしょうか? しかし、このあたりでかなり長くなってしまったので、そろそろto be continuedとしましょう。

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール


高畑由起夫
◆研究分野:生態学、自然人類学、霊長類学 ◆研究内容:主な研究対象はニホンザルやチンパンジー、ワオキツネザル等ですが、潮間帯の巻貝類や水生昆虫、カラス等も調べたことがあります。霊長類学の視点で、近縁...

カテゴリー一覧

月別記事

{yahoojp} {kg-sps.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-24968