[タイヤ]ヨコハマ ADVAN db V552 245/40R18 Y [ホイール]エンケイ RPF1 18×8.5J PCD114/5H +30 シルバー/マットブラック サマータイヤ ホイールセット


 >  > [タイヤ]ヨコハマ ADVAN db V552 245/40R18 Y [ホイール]エンケイ RPF1 18×8.5J PCD114/5H +30 シルバー/マットブラック サマータイヤ ホイールセット

{yahoojp} {miya-shoko.or.jp}

画・弥勒祐徳氏

■(1)いつ頃から謡(うた)いはじめられたか不明で、伝えによると、琉球征伐の際勇敢な安久武士が士気鼓舞のため、うたったのをはじまりとするともいう。
 琉球は室町時代島津領となり、毎年貢物を持参し、慶弔の礼をつくしていたが、のち慶長の初めから貢ぎを納めず、かつ徳川家の創業を賀しないので、島津家久は将軍の許しを得て、琉球征伐の軍を発することになり、慶長14年(1609)3月4日、三千余の島津軍は樺山久高を将とし 、百余艘の船に分譲して山川港を出発した。
 都城領からは、本郷久武が領主忠能(ただよし)の軍大として、士卒百二十人を率いて従軍した。安久郷士はこの中にあって「安久節」を謡い、士気を奮い立たせ、忽ち琉球を降服せしめた、といい伝えている。

■(2)「安久武士なら枕はいらぬ、互い違いの腕まくら」と謡われる安久武士の豪快さと、「ヤッサ ヤッサ」のはやし詞による「安久節」は、「安久」独特の洗練された曲調をもって古くから謡いつがれ、「安久節」といえば「みやこんじょ」、「みやこんじょ」といえば「安久節」と口にされるほどで、全国を風靡している。「鹿児島おはら節」の「もと唄」とさえいわれている。

■(3)現在 三味線・太鼓各1名、うたい手2名で構成されているが、いずれもその人数にきまりはなく、着用する衣服のきまりもない。

■(4)唄は
・安久武士ならしる(尻)たこ(高く)つぶれ
 前はむた田でふこ(深く)ござる
 ヤッサ ヤッサ (以下同じ)
・武士も武士武士安久武士は
 都州島津のさむらいじゃ
・見れば琉球のお城のまわり
 尻をつぶらにゃ攻められぬ
・進め進めよわれらにつづけ
 城を落すは安久武士
・安久武士なら脇差しゃいらぬ
 むねの刃で敵を切る
・武士といえども強いが武士か
 情あるのが武士じゃもの
 囃(はや)し、ヤッサヤッサでこん(大根)のヤッサ
 切らずにのそかい一刀両断、気持よさ
 囃し、川端石じゃが起こせばガネ(蟹)、
 じゃ、ガネの生やきゃ食傷(しょっしょ)のもとじゃ
といかにも尚武的で、歌調も歯切れよい。

■(4)「安久節」は安久武士の陣中唄であったというが、一般には酒宴唄、また労作唄といわれる場合が多い。しかし

・唄じゃやっさ節、からいもじゃごいとせ
 粟じゃ夏粟、早生の米
 「唄では何といってもやっさ節が一番で、からいもは「ゴリトセ」(南九州から沖縄まで栽培された甘藷の品種名)にかぎる、飯は夏粟を混ぜた早生の米がうまい。」
と謡われるように、南九州人の気質にぴったりの曲節と、地方により人により、それぞれによって違う歌調をもって、田や畑の労作のとき、またラジオやレコートの普及しなかった頃までは、古くからあった「歌垣」(うたがき)また「かがい」の名残りと思われる。男女の恋の「かけ唄」として謡われ、宴座にあっては何時のときでも、三下り調の三味線楽に合わせ、果てしなく謡われていたことは、ただ南九州人の好みにあったものだった、とばかりいえるであろうか。

 ここで、南九州各地の「やっさ節」が「いつ、どこで、誰が何の目的でどのように謡い踊ったか」そのいくつかを挙げて、この原点を訪ねてみよう。

■(1)まず、諸県(もろかた)地方から大隅地方の婚姻儀礼では、花嫁花婿の契りの盃がすむと、双方の親族の名乗りがなされる、この間の儀式の進行はすべて三味線曲で、地方によって異るが、大方「六調子」「老松」「海晏寺(かいあんじ)」「一の谷」「しょんが節」などであった。
 互いに打ちとけて、宴も半ばになると、「おちえ節(大津絵節)」がうたい踊られ、それから「座くやし」(無礼講)となり、「どしめき」がはじまる。
 どしめきは、騒ぎたてるという古語で、一般にテンポの早い楽が多く、とくに「やっさ節」 が謡われはじめると 18インチクラウンアスリート180系AXEL  アクセル クリエ グロスブラック/リムダイヤカット 8.0Jx18Bluearth エース AE50 225/45R18、並居る人達は持っている手拭いを頭にかぶり、からだ全体で調子をとりながら、掌の親指を人さし指につけるなどの「印(いん)の手」正しくは 10系ハリアー/RX300クロームメッキドアミラーカバー、印相(いんぞう)・印契(いんけい)といわれ、「み仏」をあらわすジェスチャーの手で、ひじから上を目の上に仰ぎ、左下右下と手を振って踊るもので、その手ぶりも、人により自由自在であり沖縄の神行事に見る舞踊の「こねり」の手ににて、まさに神がかりになって踊るものであった。
 やっさ節が出ると、もう宴会の終わりを予告する意味で、最後は「三下(さんさが)り」をもって終わりとした。ここでは、来客を送り出すためのものとなっている。したがって、座くやしの前にやっさ節を謡うことなど失礼であり、「座をわきまえぬ」ものとされていた。

■(2)都城市高野町大塚と、隣接する鹿児島県財部町をはじめ、国分市本戸一帯では、かつて大戦に徴集される者が門出のとき

・おまいの鎮台(ちんだい)行かやっとじゃどんきばいやい
 枝も持たせんな葉も持たせん。
・い立ちくるから元気でおじゃれ
 あとは妻子をたのみます。
・いっておじゃんせ身は大切に
 はやるやまいにつかぬよう
・い立ちくるから二ヶ年づめに
 あとでうわさはしてたもれ。
明治初年の徴兵令により、全国6ヶ所に鎮台が設置され、徴集されたことを「鎮台行き」といい、泣きの涙で無事生還を祈り、

[タイヤ]ヨコハマ ADVAN db V552 245/40R18 Y [ホイール]エンケイ RPF1 18×8.5J PCD114/5H +30 シルバー/マットブラック サマータイヤ ホイールセット
DUNLOP ダンロップ エナセーブ RV504 ENASAVE ミニバン サマータイヤ 215/45R17 BBS RF 鍛造1ピース ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +48 5穴 114.3!KYB(カヤバ) New SR SPECIAL リア[L] ゼスト/ゼストスポーツ(JE1) W/Wターボ NSF1065Z.17インチ サマータイヤ セット【適応車種:ヴォクシー(70系 5ナンバー)】WEDS レオニス FY パールブラックミラーカット 6.5Jx17ADVAN ネオバAD08R 205/50R17,[KYB] カヤバ ショック エクステージ フロント左 1本 ハイエース/レジアスエース KDH200V KDH200K KDH220K 04/08~ バン 2.5L ディーゼル FR [全グレード] 送料1000円(税別) ※北海道・沖縄・離島は送料別途

[タイヤ]ヨコハマ ADVAN db V552 245/40R18 Y [ホイール]エンケイ RPF1 18×8.5J PCD114/5H +30 シルバー/マットブラック サマータイヤ ホイールセット

、「鎮台ゆえ」(祝い)を催して門出を祝った。
「おまい(お前・君)の鎮台行きは、大変だろうが、心強く頑張りなさい、枝も葉も持たせぬほど、君にもまた、後の家族にも心配されぬようにします。」「行ってきますので皆さん元気で、あとの妻子をくれぐれも頼みます。」
「2ヶ年の現役に行って来ます、今頃どうしているかと、たまにはうわさでもして下さい。」と万葉の歌にある古語で、門出を「い立ち」といっている。
同じく万葉の防人(さきもり)の歌で

  • わろ旅は旅と思(おめ)ほど家(いひ)にして子持(め)ち痩(や)すやらむわが 妻(み)かなしも
  • わが母の袖もち撫でてわが故(から)に泣きし心を忘らえぬかも(巻20) を連想させて悲しい。
     (防人として行くかぎり自分の旅は我慢もしよう、しかし家にのこった妻がどうして子を養ってゆくか、それゆえに痩せる姿を想うとたまらなく可哀想だ。)
     (わたしが門出のとき母が、この袖をつかんで何回も撫でながら、言葉もなくただ泣いたよ、あの心を忘れることができない、今ごろどうしているやら。)
     やっさ節が万葉の人とかわらす、送り出す別れの唄となっている。

    (3)同じく財部町七村では、出征兵士が門出のとき、その者に柳の小枝を持たせ、見送る人々が

    ・江戸に行ったとて帰らんものか
     しだれ柳はもて帰る。
    
    (江戸に行っても、きっと帰ってくる、それは枝垂れ柳が ズープロジェクト ダークスモーク カローラフィールダー E160系 フロント用、生えたものと土地に垂れもどるように。)
    と謡い、無事帰還を祈った。
    もともと、旧藩時代の江戸参府に従う人の、門出のときの儀礼唄であったのだろうが、のちには「打立ち」(うったち)また「旅立ち」の際には必ずうたうものとされていたという。
     また、財部 スタッドレス タイヤ チェーン 205/60R17Yeti(イエティ) 205/60R17 非金属 チェーン イエティスノーネット 5299WD、国分の本戸・高野町大塚では、旅立つ人を送る道行楽、いわゆる「道楽」(みつがく)も三味線による「やっさ節」を用いている。

    ■(4)串間地方の盆踊や、大隅地方の八月踊りでは、昔から順序のきまった踊り、唄のあと、夜もふけ、いよいよ踊りが終わりに近づくと、狂うように調子を早め、やっさ節で「ヤッサヤッサ」と二上り調の三味線ではやしながら踊る。
     これは「祖霊」(先祖の霊)を、興奮の渦に巻き込んで送り出すためである。

    ■(5)西諸県郡野尻町紙屋今別府地区では、今はもう久しく踊られていない「兵六踊」の出端唄とし Abflug BENZ S W221 Urban Zone Full set for Late (後期用)、優雅に「やっさ節」を謡い、「ヤッサイヤッサイ」と囃していた。

    ■(6)鹿児島県志布志町安楽の、山宮神社春祭りに伴う芸能「正月踊」では、その年の実りを賜う「田の神」を、祖霊に扮した踊り手達が、いくつもの踊りを演じて終わるとき、いそがしい「やっさブシ」で引込む。

    ■(7)また、かつて田の草取りなど、田畑の労作唄としての「やっさ節」は、豊饒を願うため、そこに災いする悪気や、邪霊を追い払うものであったと思われる。

    ■(8)いまここにいくつかを挙げてみると、それが安久郷士の出陣、陣中無事を由来する「安久節」をはじめとし、「門出」の習俗に多く謡われていたこと、また「ごぜむけ」(御前迎・結婚式)など、祝い座の客送りや、祖霊を慰送そるとき、地域によっては神迎えの際などであり、信仰に密着して意義深いものがうかがわれる。

    ■(9)一般に「ヤッサヤッサ」と口にされる囃し詞と、野尻町今別府の兵六踊り、鹿児島県西薩摩地方の「やっさい節」において唱えられる「ヤッサイ ヤッサイ」や、古くは「ヨイヤッサ ヨイヤッサ」などから、盆踊唄の要素が強く、詩型も7・7・7・5の26をもってなる「小唄」であり、その歌調も「安久節」の洗練されたものに対し、えびの地方など、川内川流域のものは、三味線の曲調や謡いぶりが、地神琵琶風であるなど、いずれも興味深く、南九州に伝承された貴重な唄のひとつであったと思われる。

    ■参考文献
20インチヴェルファイアハイブリッド20系WEDS クレンツェ ヴォルテイル SBCポリッシュ 8.5Jx20VEURO VE303 245/35R20
再生するにはReal Network社のオクヤマ ロールバー 821 111 0 アルミ ダッシュボード逃げ 8P No.8 2名 ニッサン シルビア (P)S13 ノーマルルーフ 2ドアが必要です。無料でダウンロードできます。



{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-26635